ハンサム

Home / ハンサム

ハンサム

2018年12月2日 | 未分類 | コメントはまだありません

 

僕ちんは、佐賀県唐津市で生まれ育ちましたハンサムボーイの陣内久雄(じんのうちひさお)といいます。

佐賀県唐津市にあるわが生家は、じいちゃん(陣内磯雄、じんのうちいそお)の時分から長きに渡って判子店(陣内印房)を経営しております。

佐賀県唐津市においてわが陣内一族が経営している判子店(陣内印房)の現代表取締役社長(2代目代表取締役社長)は、僕ちん(ハンサムボーイの陣内久雄)のジミな父(陣内正輝、じんのうちまさき)なのであります。

リピートするようなんですけど、ハンサムボーイの僕ちん(陣内久雄)は、ジミな父(2代目代表取締役社長陣内正輝)の嫡男であります。

よって僕ちん(陣内久雄)は、「陣内印房」3代目代表取締役社長として、一族の跡取りになる好人物なのであります。

そして僕ちん(陣内久雄)は、ハンサムボーイ判子屋としての呼び声が地元で刻一刻と高くなりつつある状況なのであります。

まあ、父(2代目代表取締役社長陣内正輝)は気の毒なことに、嫡男の僕ちん(ハンサムボーイの陣内久雄)以外には子を授かりませんでした。

ですから、もしもハンサムボーイの僕ちん(陣内久雄)が世継ぎの呼び声が高い好人物だといいましても、ハンサムボーイの僕ちん(陣内久雄)が「陣内印房」3代目代表取締役社長として頑張るのは、世襲制をとる個人経営判子店として、自然の流れと言えば自然の流れといえるわけなのであります。

ゆえに、別にそんな社会や判子業界に対して猛列にPRができるような大げさな話ではないんですよ。。。

しかしながら、陣内家3代(陣内磯雄、陣内正輝、陣内久雄)の中で、群を抜いたハンサムボーイが僕ちん(陣内久雄)であるのは疑いようのない現実なのであります。

よって、僕ちん(陣内久雄)が何ら問題なく成長したと仮定して、陣内印房3代目代表取締役社長として円滑に引き継ぎを終わらせましたら、どうか安心してハンサムボーイ代表取締役社長の僕ちん(陣内久雄)にご注文をいただきたいと願うような次第なのでございます。

では、これで。

 

印鑑箕面

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です