会社設立

Home / 会社設立

会社設立

2018年12月2日 | 未分類 | コメントはまだありません

 

新たに会社を設立するときに必要となる実印には、他にも法人実印、会社実印、丸印、代表者印、といった様々な名称があったりします。

会社を設立するときに必要となる実印というものは、新しく会社を設立する際に、最寄りの法務局までいちいち出向いて登録を行います。

また実印は、設立する会社としての総意を外部に向けて表明する際に頻繁に用いられることの多い印鑑でありますので、設立する会社にとりましてはとても重要な印鑑であるといえるのであります。

ちなみに実印は、新会社設立の際におきまして、日本国の法律で作成を義務付けられている唯一の印鑑となっているのであります。

会社を設立するときに必要となる実印を新たに作成する際に、印鑑に対してもっとも重きを置くべき点は、外見と丈夫さなのであります。

その役割や性質上、けっこう長い間に渡って使われることの多い実印というものは、ある程度の回数で頻繁に使用したとしても、形状が変形したり印面が欠けてしまわないような耐久性や丈夫さなどが求められるのであります。

と同時に、新たに設立した会社を代表する意味を持つ印鑑でもあるわけなので、当然のごとく実印自体の見た目あたりも重要視されているのであります。

上記したように、新たに設立する会社に必要な実印には、外見と丈夫さが必要不可欠な条件となるため、最近ではチタンや象牙、黒水牛などといった印鑑素材が会社を設立する経営者たちに選ばれる傾向にありますね。

印鑑通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です