カテゴリー: 未分類

Home / カテゴリー: 未分類

アホか。

2018年12月5日 | 未分類 | コメントはまだありません

 

広島菊池の話やないけども、読売球団は山口鉄也がおらんなって改めて、その存在の貴重さを思い知ってるんやろな。

山口鉄也みたいな仕事量って、普通の話ちゃうもんな。

山口鉄也の存在に慣れて、次のヤツを仕込まんかった東京読売巨人軍が悪いわな 。

広島東洋も、セカンドベースマンの次を鍛えましょう。

えらいギャップなるんは目に見えてるけども。

来年オフは、丸に続き菊池を読売に取られるかもしれんし。

たとえ菊池獲得が実現して、読売がセリーグ制覇したところで、はたして読売ファンは負けてばっかりやったころの溜飲が下がるんやろかな?

広島から丸と菊池をもらったおかげで優勝して喜んでるようでは、そうとう頭の中が薄いぞ。

會澤ももらうかも、やしな。。。

丸、菊池、會澤を抜いたおかげで弱くなった東洋カープに勝って、
「やったー!広島に勝ったったでー♪」

アホちゃうか。。。

2018年12月5日 | 未分類 | コメントはまだありません

 

皆さんにお尋ね申し上げますが、日本国内における魔法瓶メーカーと言えばまず、象印の名前が頭の中に思い浮かぶのではないでしょうかね?

たしかに象印魔法瓶は、わが日本国内において高い人気とシェアを誇る一流魔法瓶メーカーなのであります。

しかし、象は象でも、私が今日解説をしたいのは象印魔法瓶なんかではなく、象牙印鑑のことなのであります!

どうだ、参ったか!!!

象は象でも象牙印鑑なのだ!

ところで、象牙で作られた印鑑は、印鑑大国日本国内においてとても人気がありまして、昔から「はんこの王様」とまで呼ばれている有様であります。

まあ、裸の王様は人の言うことを聞かないアホみたいなおっさんのことなのですが、はんこの王様たる象牙印鑑は決してアホみたいな印鑑ではないどころか、日本印鑑業界が生み出す印鑑たちの最高峰に君臨するほどの大した印鑑となっているわけであります!

どうだ、参ったか!!!

象牙印鑑は、キングオブ印鑑なのだ!

ところで、象牙印鑑の最大の特徴と言えば、誰がなんといってもその高級感溢れる見た目なのであります。

象牙印鑑は、クリーム色がかった見た目に一種独特の模様がありまして、印鑑自体を使えば使うほど味みたいなものがでてきたりしますね。

また象牙印鑑は、こういった見た目だけが魅力なのではなくて、品物自体の耐久性能がとても高いというのも素晴らしい長所なんですよね。

象牙印鑑はなかなか丈夫なため、大事に管理、保管さえしていれば一生に渡って十分使えるものになるという点とか、赤い朱肉の印面へのつきがよく、はっきりクッキリとした印影を紙の上に残すことが出来る点など、印鑑としての基本的な性能の高さも人気の原因の一つとなっているのであります。

どうだ、参ったか!!!

みんな、象牙印鑑を買おうじゃないか!→はんこ安い

 

ファミリー

2018年12月5日 | 未分類 | コメントはまだありません

 

皆さん、こんにちは。

このたび、初めて記事を書きます私は、山口県に住む真野恭平(まのきょうへい)という印鑑職人であります。

よろしくお願いいたします。

わが真野一家は、山口県で二代続いている名門印鑑店(真野印章)なのであります。

わが真野印章は、私(真野恭平)の祖父である真野雄三(まのゆうぞう、故人)が起業した名門印鑑店であります。

真野印章初代社長である祖父(真野雄三)の現役引退後は、一人息子の真野潔(まのきよし、真野恭平の父)が跡を継いで真野印章二代目社長となりました。

真野印章二代目社長の真野潔には、次男の私(真野恭平)を含めた3人の子どもがおります。

つまり、印鑑職人たる私(真野恭平)には、2人のきょうだい(兄、姉)がいるのであります。

そのきょうだい(真野印章二代目社長真野潔の長男と長女)の名は、真野一平(まのいっぺい、真野恭平の兄)と真野洋子(まのようこ、真野恭平の姉)であります。

兄の真野一平は、当然わが真野印章三代目社長となるべき立場の、いわゆる跡取り長男なのであります。

ですから、現在の真野一平は、弟の私(真野恭平)と2人で実家たる真野印章に入社しまして、真野印章二代目社長真野潔(真野一平、真野恭平兄弟の父)による厳しい印鑑職人育成指導を連日連夜にわたり受け続けている真っ最中なのであります。

 

印鑑豊中

姉 母

2018年12月5日 | 未分類 | コメントはまだありません

 

姉の真野洋子は、わが地域の市役所に就職しまして、公務員として毎日勤めております。

地元の市役所員である真野洋子に与えられた持ち場は、実家が印鑑店(真野印章)であるからなのかは分かりませんが、ものの見事に印鑑登録係なのであります。

姉(真野洋子)も、名目真野印章の一人娘という立場上、印鑑登録係の窓口業務に真剣に取り組んでいるものと思われます。

まあ私(真野恭平)も、姉(真野洋子)の印鑑登録係における仕事ぶりを直に見たわけではありませんから、「たぶん真面目にやってるだろうレベル」の話ではあるのですが。。。

そういえば、忘れそうになっていたのですが、わが母の真野菊子(まのきくこ、真野印章二代目社長真野潔の嫁、旧姓広田)も、一応まだ元気に生き残っております。

たぶん真野印章三代目社長となるであろう真野一平(長男)、たぶん真野一平の良き補佐役となるであろう真野恭平(次男、私)、市役所の印鑑登録係をたぶん真面目にやっているであろう真野洋子(長女)という、3人の元気な子どもたちを生んだ真野菊子は、夏になると朝早くから近所の公園に出かけて行きます。

そして、わが母たる真野菊子は、地域の子どもたち(アホばっかり)のラジオ体操に張り切って飛び入り参加し、子どもたちのラジオ体操出席カードに印鑑(真野印章製)を捺すのを楽しみにしているのであります。

ラジオ体操出席カードなんか子どもたちだけ持てばいいはずなのに、ウチの真野菊子(真野一平、真野恭平、真野洋子の母)ときたら自分用のラジオ体操出席カードなんか自作して、自分で勝手に出席の印鑑(真野印章製)を捺したりしてますからね(^_^;)

ウチの真野菊子(真野一平、真野恭平、真野洋子の母)もやることがないものだから、呼ばれもしないのにラジオ体操に参加してるんでしょうね。。。

 

東淀川区印鑑

まとめ

2018年12月5日 | 未分類 | コメントはまだありません

 

真野印章次男の私(真野恭平)が、真野印章ファミリーを以下にまとめておきますね。

祖父 真野雄三(まのゆうぞう、故人)・・・真野印章初代社長

父 真野潔(まのきよし)・・・真野印章二代目社長

母 真野菊子・・・地域の公園で、ラジオ体操出席カードの捺印係(夏季のみ、あとはヒマ)

兄 真野一平・・・真野印章三代目社長予定

私 真野恭平・・・真野印章三代目社長予定である真野一平の補佐役予定

姉 真野洋子・・・地域にある市役所の印鑑登録係

最後になりますが、山口県の名門印鑑店たる我が真野印章(社長真野潔)におきましては、日本印鑑業界としては画期的な試みとなる実印、銀行印、認印の社会人印鑑三本セットの販売を開始いたしました!

住所がある自治体を管轄する役所に登録すべき実印、銀行口座を開設するにあたって必要不可欠となる銀行印、運送屋のおっさんが来たら活躍する認印の印鑑三本セットは、社会に出て仕事を始めたら必ず大活躍してくれるであろう印鑑たちであります。

このたび高等学校、大学をめでたくご卒業される新社会人の皆さまにおかれましては、この真野恭平(真野印章次男)による記事をきっかけに、ぜひとも我が真野印章の社会人印鑑三本セット(実印、銀行印、認印)にご注目、ごひいきいただきますよう、心からお願いを申し上げる次第でございます。

ありがとうございました。

 

印鑑池田市

調べる

2018年12月2日 | 未分類 | コメントはまだありません

 

ハンコを人様にプレゼントして差し上げるときの注意点とは何か?

ハンコ素人のあなたあたりに、はたしてこの答えが分かるのでありましょうか?

どうせ、難しく考えたあげく、答えはわからないんでしょうね(^_^)

いいですか、ハンコを人様にプレゼントして差し上げるときの注意点とは、「ハンコをプレゼントして差し上げる相手様のお名前を、あらかじめしっかりと丁寧に調べあげることが大切である」という、ごく当たり前のことなんですよ。。。

先に言いましたが、あなたはこんな簡単なことを、あまりにも難しく考えすぎなんですよ(笑)(笑)(笑)

そりゃ、自分の頭の中で思い描いていた漢字と、ハンコをプレゼントしてあげたい相手様の実際のお名前が全く違っていた、というような情けないことになってはいけませんからね!

こんなことでは、ハンコを贈ったあなた様側も、ハンコを贈られた相手様側も、変に気まずい気持ちになってしまいますよ。

だから、当たり前の話ではありますが、あなたは、ハンコを贈ってあげたい相手様のお名前の正しい漢字はどのように書くのかを事前にしっかりと調べあげたうえで、相手様に対して正しい漢字を彫ったハンコを贈るようにしましょう。

本当に、当たり前の当たり前の当たり前の話ですがね。。。

また、結婚、入籍のように、名字が変わるようなタイミングでハンコをプレゼントするのであれば、ちゃんと結婚入籍してから使う名字が彫ってあるハンコをプレゼントしてあげるようにしましょうね。

 

淡路印鑑

一貫

2018年12月2日 | 未分類 | コメントはまだありません

淀川区印鑑

僕の名は、松尾克昌(まつおかつまさ)と申します。

僕(松尾克昌)は、生まれ育ちともに、一貫徹尾して京都府綾部市なのであります。

この日記を見てくださる皆さまに対しまして、まずは心から御礼申し上げます。

そして、僕(松尾克昌)の現状を包み隠すことなく、赤裸々な報告をさせていただくということにいたします。

現在の僕(松尾克昌)は、よその印鑑店(京都府福知山市の桑原印房)にて、立派な印鑑彫り師になるための厳しい精進をひたすら重ねているのであります。

僕(松尾克昌)は元々、京都府綾部市にある実家の印鑑店(松尾判子店)で、立派な印鑑彫り師になるための精進を毎日積み重ねておりました。

というのも、将来的に僕(松尾克昌)は、京都府綾部市にある実家の印鑑店(松尾判子店)の2代目経営者となる、松尾家の嫡男だからなのであります。

しかし、京都府綾部市の中学を卒業してからすぐ、京都府綾部市にある実家の印鑑店(松尾判子店)に入り、すっかりヌクヌクと仕事をしてしまっていた僕(松尾克昌)は、ハタチになったある日、実家の印鑑店(松尾判子店)の初代経営者である父(松尾一、まつおはじめ)から、厳しすぎる命令を受けることになります。

「おい、松尾判子店の跡取りとなるわが嫡男の克昌よ!お前は来月から、よその印鑑店(京都府福知山市の桑原印房)で働かせてもらえ!わかったな!松尾判子店の初代経営者たる父(松尾一)のオレに、一言たりとも不平は言わさんぞ!えっへん!」

この時だけは、京都府綾部市にある実家の印鑑店(松尾判子店)の初代経営者である父(松尾一)も、京都府綾部市にある実家の印鑑店(松尾判子店)の跡取りとなる嫡男の僕(松尾克昌)の要望など、いっさい聞いてはくれませんでした・・・。

ハンサム

2018年12月2日 | 未分類 | コメントはまだありません

 

僕ちんは、佐賀県唐津市で生まれ育ちましたハンサムボーイの陣内久雄(じんのうちひさお)といいます。

佐賀県唐津市にあるわが生家は、じいちゃん(陣内磯雄、じんのうちいそお)の時分から長きに渡って判子店(陣内印房)を経営しております。

佐賀県唐津市においてわが陣内一族が経営している判子店(陣内印房)の現代表取締役社長(2代目代表取締役社長)は、僕ちん(ハンサムボーイの陣内久雄)のジミな父(陣内正輝、じんのうちまさき)なのであります。

リピートするようなんですけど、ハンサムボーイの僕ちん(陣内久雄)は、ジミな父(2代目代表取締役社長陣内正輝)の嫡男であります。

よって僕ちん(陣内久雄)は、「陣内印房」3代目代表取締役社長として、一族の跡取りになる好人物なのであります。

そして僕ちん(陣内久雄)は、ハンサムボーイ判子屋としての呼び声が地元で刻一刻と高くなりつつある状況なのであります。

まあ、父(2代目代表取締役社長陣内正輝)は気の毒なことに、嫡男の僕ちん(ハンサムボーイの陣内久雄)以外には子を授かりませんでした。

ですから、もしもハンサムボーイの僕ちん(陣内久雄)が世継ぎの呼び声が高い好人物だといいましても、ハンサムボーイの僕ちん(陣内久雄)が「陣内印房」3代目代表取締役社長として頑張るのは、世襲制をとる個人経営判子店として、自然の流れと言えば自然の流れといえるわけなのであります。

ゆえに、別にそんな社会や判子業界に対して猛列にPRができるような大げさな話ではないんですよ。。。

しかしながら、陣内家3代(陣内磯雄、陣内正輝、陣内久雄)の中で、群を抜いたハンサムボーイが僕ちん(陣内久雄)であるのは疑いようのない現実なのであります。

よって、僕ちん(陣内久雄)が何ら問題なく成長したと仮定して、陣内印房3代目代表取締役社長として円滑に引き継ぎを終わらせましたら、どうか安心してハンサムボーイ代表取締役社長の僕ちん(陣内久雄)にご注文をいただきたいと願うような次第なのでございます。

では、これで。

 

印鑑箕面

男前

2018年12月2日 | 未分類 | コメントはまだありません

印鑑摂津※これホンマ?通販って、ハンコに安い値つけすぎやろ!

ボクちゃんは、福岡県北九州市で生まれ育ちました男前の福島真(ふくしままこと)といいます。

福岡県北九州市にあるわが実家は、じいさん(福島誠之助、ふくしませいのすけ)の時代から長きにわたってはんこ店(判の福島)を営業しております。

福岡県北九州市においてわが福島一家が営業しているはんこ店(判の福島)の現経営者(2代目経営者)は、ボクちゃん(男前の福島真)の控え目な親父(福島友和、ふくしまともかず)なのであります。

くり返すようですけど、男前のボクちゃん(福島真)は、控え目な親父(2代目経営者福島友和)の長男であります。

よってボクちゃん(福島真)は、「判の福島」3代目経営者として、一家の跡取りになる人物なのであります。

そしてボクちゃん(福島真)は、男前はんこ屋としての呼び声が町内でやたらと高くなってしまっている状況なのであります。

いやあ、弱ったなあ!!!

どうしちゃろかなあ!!!

近い将来、女にモテモテなるやろね!!!

まあ、親父(2代目経営者福島友和)は残念なことに、長男のボクちゃん(男前の福島真)以外に子供には恵まれませんでした。

だから、もし男前のボクちゃん(福島真)が跡取りの呼び声高い人物だといいましても、男前のボクちゃん(福島真)が「判の福島」3代目経営者として跡を取るのは、世襲制の個人経営はんこ店として当然と言えば当然の話なわけであります。

なので、別にそんな世間様や印鑑業界に対して猛列アピールができるような大それた話ではないわけなんですよね。。。

でもですね、福島家三代(福島誠之助、福島友和、福島真)の中で、いちばんの男前がボクちゃん(福島真)であるのは間違いないところなのであります。

だから、ボクちゃん(福島真)が問題なく成長したとして、三代目経営者としてスムーズに就任をいたしましたら、安心して男前経営者のボクちゃん(福島真)にご用命をいただきたいと思っている次第であります。

では、また。

安全第一

2018年12月2日 | 未分類 | コメントはまだありません

 

銀行印というハンコにおすすめする書体には、吉相体や篆書体あたりがあります。

吉相体という書体は、別の呼び名を古印体とも言いまして、そもそもは篆書体という書体をもととして形作られてきた書体なのであります。

吉相体(古印体)という書体は、数ある書体の中でもトップクラスというぐらい可読性が低くなっており、非常に印鑑偽装というインチキ行為をされにくい文字の形となっているため、印鑑セキュリティ性能はだいぶ高いのであります。安心、安心。

また、吉相体(古印体)という書体で作った印鑑は、印面周りのフチが字線と接触している部分がなかなか多くなっていたりします。

だから、吉相体(古印体)という書体で作った印鑑においては、印面まわりの枠の部分がほかの書体で作った印鑑の印面周りの枠よりもグッと丈夫になっているのは明らかなのであります。

吉相体(古印体)という書体の特徴は、印鑑の印面に彫る文字線の太さが全然均一ではない上に、字線のあちこちが途切れ途切れになってしまっているという点なのですよ。

このように、吉相体(古印体)という書体は、印面に彫る文字の細かい部分がどえらい複雑になっているため、悪人による印鑑偽装が非常にされにくい文字の形となっていますよ。助かりますよね!

 

西淀川印鑑